夜明け告げるルーのうた (2017)

『マインド・ゲーム』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞に輝くなど、独特の世界観で国内外で高い評価を受ける湯浅政明監督によるファンタジーアニメ。とある漁港の町を舞台に、中学生の少年と人魚の少女が巻き起こす騒動が描かれる。人魚の少女ルーの声を人気子役の谷花音が演じ、歌声を披露する。

・ 夜明け告げるルーのうたの公式サイト

夜明け告げるルーのうた (2017)のあらすじ

寂れた漁港の町・日無町に住む中学生のカイは自ら作曲した音楽をネットにアップするのが唯一の楽しみ。ある日、同級生にバンドに入らないかと誘われたカイは練習場所のある人魚島へ向かい、人魚の少女ルーと出会う。以来、カイはルーと行動を共にするが、人魚は災いをもたらす存在と言われていて、ふとした事からルーと町の人々の間に溝が生まれてしまう。

夜明け告げるルーのうた (2017)のストーリー

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。

 ある日、クラスメイトの国夫と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。

 しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

  • コメント: 0

関連記事

  1. マインド・ゲーム (2004) : Mind Game

  2. 夜は短し歩けよ乙女 (2017) : The Night Is Short, Walk on Girl

  3. きみと、波にのれたら (2019)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。